ボッシュ社・ボイラー製造工場

当初、エンゲルス社の工場が1942年にセラミックスの軍事用部品生産のためにここに設立されました。1950年代から工場は再設計され、自動車用スパークプラグ、絶縁体や家庭用などの他のセラミックス製品の生産が始まりました。ロシアが経済危機を経験した90年代、既存の生産量を節約するために同社の経営陣は工場をボッシュグループに売却しました。その時点から工場は再建と汚染土壌の除去を含む大規模な浄化作業を行い、近代的な産業・生態公園になりました。新しい生産ラインが開発され、新しい建物が建設され、そして製造能力が開発されています。

場所: サラトフ
業務範囲:
建設タイプ: 新規建築
計画タイプ: グリーンフィールド
面積: 10,000平米
お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ